ホンダ・ヴェゼル(RV系)にドライブレコーダー『ケンウッドDRV-250』を取り付けました。

今回ご依頼をいただきました作業は、ホンダ・ヴェゼルへのドライブレコーダー取付です。

取付をする商品はケンウッドのドライブレコーダー『DRV-250』です。

シンプルにフロント録画タイプで、『SDカードメンテナンスフリー』なので定期的なSDカードのフォーマット作業がなく、めんどくさがりな方にもピッタリです。

Amazonで購入する↓↓


KENWOOD(ケンウッド) ドライブレコーダー GPS非搭載 シンプル機能 フルハイビジョン DRV-250 ブラック

楽天で購入する↓↓


ケンウッド ドライブレコーダー DRV-250 フルハイビジョン(1920×1080)録画 Gセンサー/HDR搭載ドラレコ 駐車監視/長時間駐車録画対応 microSDHCカード(16GB)付属

付属の電源はシガー電源なのですが、今回は配線が表に見えないように取付するために別売りのCA-DR250を使用します。

Amazonで購入する↓↓


ケンウッド(Kenwood) 車載電源ケーブル CA-DR250 CA-DR250

楽天で購入する↓↓


ケンウッド CA-DR250 ドライブレコーダー用 車載電源ケーブル 【DRV-MR745/DRV-MR740/DRV-MP740/DRV-W650/650/DRV-W630 等対応】

上記のCA-DR250ではなく、別売りのCA-DR350を使用すれば駐車監視録画を使うことが出来るようになります。

Amazonで購入する↓↓


ケンウッド(Kenwood) 駐車監視用電源ケーブル CA-DR350 CA DR350

楽天で購入する↓↓


ケンウッド CA-DR350 ドライブレコーダー用 車載電源ケーブル 【DRV-MR745/DRV-MR740/DRV-MP740/DRV-W650/650/DRV-W630 等対応】

お取り付けをするのはRV系のヴェゼル

まずは商品を準備します。

フロントガラスへカメラを貼り付けるので、取り付け面を脱脂して綺麗にしたら付属の両面テープで貼り付けます。

そして電源ケーブルを取りまわしていきます。

カメラから運転席の足元ヒューズボックスまで取り回しをするので、ピラーカバーを外して作業します。

運転席の足元ヒューズボックスからヒューズ型電源を使用して接続。

ちなみに電源取り出しキットなる便利アイテムもでているそうで、

・常時

・アクセサリー

・イグニッション

・リバース

が簡単に取り出せるようです。

Amazonから購入↓↓


HONDA VEZEL ヴェゼル RV3/RV4/RV5/RV6対応 電源取り出し オプションカプラー ヒューズボックス ドラレコ ETC アクセサリー

楽天から購入↓↓


HONDA VEZEL ヴェゼル RV3/RV4/RV5/RV6対応 電源取り出し オプションカプラー ヒューズボックス ドラレコ ETC アクセサリー

電源を繋いだら、動作チェックして作業完了!

最近ではあおり運転や交通事故の証拠など、ドライブレコーダー活躍の場が広がっています。

自己防衛のためにも今や必須のアイテムと言えますね。

細かい作業は動画でもご紹介していますので、よろしければ合わせてご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。