RX-8(SE3P)のイグニッションコイル、点火プラグ、プラグコードを交換しました!

今回の作業はマツダ、RX-8前期のイグニッションコイル、点火プラグ、プラグコード交換です!

部品はNGKさんで揃えて準備しました!

イグニッションコイル

Amazonで購入↓↓


1台分4本セット RX-8 SE3P NGK (エヌジーケー) イグニッションコイル N3H1-18-100C RX8 NGK ストックNO 48541 U5093

楽天で購入↓↓


NGK イグニッションコイル U5093 4本セット マツダ SE3P RX-8適合 純正部品番号:N3H1-18-100C【48541】

点火プラグ

Amazonで購入↓↓


【 1台分4本セット 】 NGK (エヌジーケー) プラグ マツダ RX-8 【 SE3P 】RE7C-L 【 5744 】2本 RE9B-T 【 2809 】 2本

楽天で購入↓↓


【あす楽】NGK イリジウムプラグ RE7CL RE9BT 各2本 1台分セット RX8 SE3P カー用品 RE7C-L RE9B-T【最安値挑戦】

プラグコード

Amazonで購入↓↓


NGKプラグコードRX-8 SE3P 用

楽天で購入↓↓


☆NGK プラグコード☆RX-8 SE3P 用 大特価!

RX-8はエンジン熱がこもりやすく、エンジンルーム内の色んなパーツが壊れやすいです…

代表的なものだけでも、

・イグニッションコイル

・SSV

・ラジエーターサブタンク内のセンサー

RX-8に乗っていれば必ず体験する不具合と言っても過言ではありませんm(__)m

今回はお客様のご要望で予防整備として実施いたしました。

では早速作業していきます!

イグニッションコイルの交換にあたり、エアクリーナーボックスを取り外す必要があります。

エアクリボックスに続きまして、画像のエアダクトも外します。

これでイグニッションコイルの交換が出来ます。

作業は簡単で、コイルのカプラーを抜いてプラグコードを外したら10mmナットを取ればイグニッションコイル本体が外せます。

点火プラグは、左フロントのタイヤを外して隙間から交換します。

新品と外したプラグを比べるとこんなにも違います。

交換完了です!

これでしばくらくは大丈夫。

プラグコードに青色が入ってエンジンルームを開けると一目で分かります。

交換作業につきましては、動画でもご紹介していますのでよろしければそちらもご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。