ハイエースワゴン(6型)へヴァレンティの『ジュエルLEDシーケンシャルドアミラーウインカー』を取り付けました!

今回の作業はハイエースワゴン(6型)へ、ヴァレンティさんの

ジュエルLEDシーケンシャルドアミラーウインカー

取付です!

Amazonで購入↓↓

ホワイトパールクリスタルシャイン(クリアレンズ)


Valenti DMW-206CW-070-1 ジュエルLEDシーケンシャルドアミラーウインカー トヨタ 200系(6型~) ハイエース/レジアスエース用 レンズカラー:クリア/カバーカラー:ホワイトパールクリスタルシャイン

ホワイトパールクリスタルシャイン(ライトスモークレンズ)


Valenti DMW-206SW-070-1 ジュエルLEDシーケンシャルドアミラーウインカー トヨタ 200系(6型~) ハイエース/レジアスエース用 レンズカラー:ライトスモーク/カバーカラー:ホワイトパールクリスタルシャイン

楽天から購入↓↓(ヴァレンティ公式ショップ)


Valenti ヴァレンティ ジュエルLEDシーケンシャルドアミラーウインカー ハイエース (200系 6型〜) [DMW-206]

純正のドアミラーはメッキカバータイプですが、こちらの商品でカラードカバーに交換することでよりスタイリッシュになりますし、点灯がとてもかっこよくておススメです!

部品を準備して早速、作業していきます。

まずはドアの内張を外します。

画像のように3本のネジを外したら、パワーウィンドウスイッチを上へ引いて外し、あとはツメで止まっている内張を外します。

内張を外したら、ドアミラーから繋がっているこちらのカプラーを外しておきます。

ドアミラーの裏側には10mmのナットが3か所あるので、こちらも外します。

ドアミラーが外れました。

助手席側も同様の手順で外して、カバー交換作業へ進みます。

ヴァレンティさんの『ジュエルLEDシーケンシャルドアミラーウインカー』はカバーごと交換して配線を通すタイプです。

まずはミラーレンズの取外し。

レンズの上部分を押して下側に隙間を作ります。

隙間からマイナスドライバーを差し込んでツメを外していきます。

その時に傷がつかないように、ドアミラーをマスキングテープで保護。

次に背面のメッキカバーを外します。

ツメが7か所で止まっていますが、見えないツメもあるので見えている部分をマイナスドライバーで押し出しながら外します。

次に緑で囲んだ部分を外します。

こちらはネジ2本と、裏側にあるツメを外しながら取ります。

アンダーカバーを外しますが、隙間がほとんど無いので少し難しいです。

配線を緑のラインのように通していきます。

外した時と逆の手順で組付けます。

ドアミラーから出ている配線はフロントバンパーを取り外して取りまわしていきます。

ボンネット内の助手席側に画像のような、配線引き込み部があるので、こちらまで運転席、助手席ともに配線を持ってきます。

ドアミラーを付けたら、緑のラインのように配線を引きます。

配線通しを使いながら蛇腹を通してフロントへ。

Amazonで購入↓↓


【Amazon.co.jp 限定】エーモン(amon) 配線ガイド(フレックスタイプ) 全長約1m 4931(同等品1161)

楽天で購入↓↓


エーモン工業 1161 配線ガイド遠い箇所や狭い箇所でのコードの引き込みに

蛇腹を通る時に、引っかかってしまうのでシリコンスプレーで潤滑して通しました。

Amazonで購入↓↓


KURE [ 呉工業 ] シリコンスプレ- (420ml) [ For Mechanical Maintenance ] 潤滑・離系剤 [ 工具箱の必需品 ] [ KURE ] [ 品番 ] 1046

楽天で購入↓↓


呉工業(KURE) シリコンスプレー 420ml 製品番号:1046

配線を持ってきたら、室内へ通していきます。

先端をはさみやカッターで切って、中へ通します。

配線は全てグローブボックス奥にあるジャンクションボックスで取れますので、説明書に従い接続していきます。

ボディ同色のミラーでかなりイメージが変わりました!

シーケンシャルウインカー、ウェルカムランプ、オープニングアクションなど多機能です!

作業は動画でもご紹介していますので、よろしければこちらもご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。