30ヴェルファイアの純正ナビ(NSZN-Z66T)へトヨタ純正のHDMI/USBコードを繋いでミラーリングしました!リアモニター(V12T-R66C)。アイフォン、iPhone、ファイヤースティック

今回の作業は、ここしばらく当店で大人気のトヨタ純正ナビへHDMI/USBコードの取り付け&ミラーリングです!

取り付け車両は30ヴェルファイアで、お客様は三重県鈴鹿市よりお越しくださいました。

この度はご依頼いただきまして誠にありがとうございます。

昨年は大阪や千葉県のお客様も来てくださいました。

遠くからきていただけるのにはとある理由がありまして。。。

この作業、トヨタ純正部品を使用しているにも関わらずなぜか多くのディーラーさんが作業を断るのです“(-“”-)”

不思議ですが、そのため千葉県から来ていただいたりしてました。

前置きが長くなりましたが、早速取り付け作業していきます。

ちなみに取り付けは30ヴェルファイア以外にもアルファード、80ヴォクシーやノア、エスクァイアなども可能ですが、カーナビの品番によって可否が分かれます。

気になる方は気軽にご相談ください。

HDMI/USBコードはこちらのトヨタ純正部品を使用します。

純正品番は『086B0-00010』になります。

当店でもお取り寄せ出来ますので、部品のみの販売も可能です。

現時点での販売価格は税別定価9,000円です。

ちなみに、ナビには映像が映ってもリアモニターには映らないケースがあります。

その場合は、適合していればフィッティングキットを使って映像をリヤモニターへ映すことが出来ます。

そちらの品番は『08632-28040』です。

メーカー価格は税別3000円です。

部品を準備したら、ナビまわりのパネル類を外していきます。

はじめはシフトレバー横のパネルを上方向へ引っ張って外します。

次にナビ周りのシルバーのパネルです。

大きいので、端っこから丁寧に引っ張って外します。

外れました。

次にナビの横にあるエアコン吹き出し口を引っ張って外します。

なんとここまで一切工具を使いません。

ここでやっと工具の登場。

ナビを固定している10mmのボルトを外すのですが、ひとつ問題が。

新車のオプションで盗難防止にマックガードが使われていることが多いのですが、このロックボルトを外すためのキーをなくされている方が非常に多いです( ゚Д゚)

無くすというよりは、中古で購入してキーがないパターンが多いのですが。。。

盗難防止なのでもちろん、キー無しでは簡単にとれませんが当店は企業秘密の方法で取ります。

企業秘密です(=_=)

ナビのボルトを外したら本体を少し浮かせて、下のエアコン操作ユニットを先に外します。

その際、下のパネルに傷が付かないようにタオルを敷きます。

次はシフトレバーを反時計回りに外して、シフトロックを解除しながら下へさげます。

右側のパーキングスイッチは+ネジ3本で外れます。

このように外れました。

シートヒーターのパネルやドリンクホルダーう上へ引き抜いたら、これで下準備は完了。

いよいよ配線をつけていきます。

今回の取り付け位置は、大型センターコンソールの中にある右側の空きスイッチパネルです。

ナビ裏へ2か所、カプラーをはめたら外したパネルを戻して完成!

ちなみに、黒い横長のカプラー隣にある緑色のコネクタがリアモニターへのデジタル出力です。

今回のヴェルファイアには初めから装備されていました。

HDMIへ機器をつなぐと、ソース選択画面にHDMIが現れます!

お客様のiPhoneとつないで無事にYOUTUBEも見れました!

作業は気軽にご依頼ください!!

それではまた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です